TOPICS

   2010.9.8化学療法基盤情報支援班による支援活動を実質的に引き継ぐ組織として、本年度より新たに文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究・がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動化学療法基盤支援活動が発足しました。詳しい支援内容についてはHPをご覧ください。NEW !!
   2010.3.15化学療法基盤情報支援班による支援活動の終了に先立ち、標準阻害剤キット・化合物ライブラリーの配付受付は2010年2月末日をもって終了させていただきました。なお、本支援班の4月以降の活動につきましては現在のところ未定ですが、決まり次第、本HP上でアナウンス致します。NEW !!
   2010.1.6 新薬開発状況に関する情報を公開しました.詳しくはこちら
   2009.12.08 化学療法基盤情報支援班による支援活動は平成21年度をもって終了いたします。それに伴い、本支援班による化合物評価の受付は、本年12月20日をもって終了させていただきます。評価希望の方はお早めにご登録ください。ご利用の皆様には厚く御礼申し上げます。 なお、本支援班の来年度以降の活動につきましては現在のところ未定ですが、本支援班で受け付けた化合物の活性評価および評価結果の閲覧などは当面の間継続の予定です。
   2009.07.18 標準阻害剤キット説明データベースの差し替えを行いました.詳しくはこちら
   2009.01.09 化合物ライブラリー希望者申し込みの受付を開始しました.詳しくはこちら
   2009.01.09 標準阻害剤キット説明データベースを公開致しました.詳しくはこちら

>>過去のTOPICS



化学療法基盤情報支援班について


本支援班は,がん化学療法における基盤情報を収集・整理し,研究者にその情報を提供することにより,研究者が基礎研究から生じたシードをトランスレーショナルリサーチなどの応用研究に発展させることができるよう支援をおこなうための研究班です.具体的には,以下のような活動を行っています.
  1. 抗がん剤のシードとなる分子標的阻害物質の探索と評価(化合物評価)
  2. 標準阻害剤キットの整備とその提供
  3. 化合物ライブラリーの構築とその提供
  4. 化合物とその標的に関する情報収集・データベース化とその公開
本支援班は,文部科学省・科学研究費補助金「特定領域研究」・がん研究に係わる 特定領域研究http://gantoku3.umin.jp/)のサポートを受けて運営されています.構成メンバーは以下の通りです.
メンバー所属研究機関・部局・職役 割 分 担
矢守 隆夫(班長)(財)癌研究会・癌化学療法センター・分子薬理部・部長総括,癌細胞パネル−インフォーマティクスによる分子標的阻害剤の探索・評価
上原 至雅岩手医科大学・薬学部・教授プロテインキナーゼ(PK(I))阻害物質の探索・評価
深澤 秀輔国立感染症研究所・生物活性物質部・室長プロテインキナーゼ(PK(II))阻害物質の探索・評価
吉田 稔(独)理化学研究所・吉田化学遺伝学研究室・主任研究員ヒストンデアセチラーゼ阻害物質の探索・評価
井本 正哉慶應義塾大学・理工学部・教授ファルネシルトランスフェラーゼ阻害物質の探索・評価
清宮 啓之(財)癌研究会・癌化学療法センター・分子生物治療研究部・部長テロメラーゼ阻害物質の探索・評価
水上 民夫長浜バイオ大学・バイオサイエンス学部・教授プロテアソーム阻害物質の探索・評価
川田 学(財)微生物化学研究会・微生物化学研究センター・ユニット長標準阻害剤キット化合物ライブラリーの構築・整備
長田 裕之(独)理化学研究所・長田抗生物質研究室・主任研究員コンピュータモデリングによる化合物の構造活性相関解析
松浦 正明(財)癌研究会・癌研究所・がんゲノム研究部・部長化療基盤情報の包括的データベース構築・維持
※当支援班のWebページでは,フレームを使用しています.フレーム対応のブラウザをご利用ください.


Copyright© 2005-2008 "SCADS" .